かずまる特攻隊が行く! (6)

愛媛の「鉄」の紹介 > かずまる特攻隊が行く > かずまる特攻隊が行く
 

<< かずまる特攻隊が行く(16〜20話)へ

 


第30話 かずまるの夏休み帰省!

かずまるが夏休みので帰省してきた。

昨年は、自動車教習所うの関係で、8月下旬に一度下宿先へ戻った後、9月上旬は帰省していたのだが、今年は8月下旬に戻った後は、そのままの予定である。

ただ、今年に限れば、9月1日に三度、私が東京都内の研修施設へ出かけることになっており、2度かずまるに会う予定になっている。

 

さて、かずまるはも8月2日に帰省したのだが、4日(土)は、今治の実家へ日帰り帰省し、そして、6日、9日、10日の3日間は、宇和島市吉田の災害被災地域へのボランティアに出かけていた。

いずれにしても、なかなかできることではなく、褒めてあげたいところである。

さらに、11日(土)は義兄が帰省したこともあり、義父母宅で、義兄一家と夕食会をしてきたのであった。

というわけで、今週末は、義母の米寿のお祝いをするのだが、来週早々に下宿先へ帰るということで、だんだんと帰省する機会が減ってきているのは事実である。

(2018.08.12)






第29話 7月第4週の東京出張は帰路散々な目に!

今年は7月の第2週の1週間と、第4週の1週間に東京都内の研修施設での研修があったものの、大災害が発生したため、後者の出張は取りやめの可能性もあっのだが、とりあえず、研修施設に出かけることになった。

 

で、千葉ビール園を視野に入れていたのだが、出かけた7月21日(土)もその翌日も、更に研修を終えた27日(金)も満席ということで、出かけることができなかった。

まあ、人気というわけですな。

仕方がないから、21日(土)は津田沼駅北側(船橋市)に出かけた。そもそもJR津田沼駅の北側は船橋市なのだが、そちらの方が飲食店が多い。

さらに、予約した店は「すみません、今日は豚肉を切らしていまして、アンガス牛でよろしいでしょうか」ということだった。これは元々「鴨&豚」と「アンガス牛」の選択だったわけで、私としては、「鴨と牛」が提供されれば「ありがとう」ではあった。

 

で、今回も前回同様のホテルに宿泊したのだが、今回は「より列車が見られる部屋」だったわけで、非常に満足したのであった。

まあ、かずまるが火曜日に期末試験というわけで、無日曜日は夕方までには別れて、ちょいと皇居ラン1周をしたのはナイショということで・・・

さて、研修が終わった7月27日(金)は、実は翌日台風が東京を直撃するということで「バタバタ」したものの、とりあえずは「知らぬ存ぜぬ」でかずまると東京駅地下で3年前に義兄一家と一緒に行った「ハゲ天」で夕食し、そのまま帰宅。

 

さ あ、問題の翌日帰宅なのだが、起きた直後「帰宅予定便は台風の影響で受付停止」ということになった。幸か不幸か、松山便は「大雨の災害により、運行の可否 を問わず、キャンセル料を請求しない」ということもあり、東京羽田空港を無視し、そのまま東京駅へ行って、新幹線での帰宅を決断。

かずまると朝食をとっている間に当該便が欠航となったため、そのまま新幹線に乗る。

だが、予讃線本山〜観音寺間の橋梁被災で予讃線は一部代行バスというわけで、福山から今治へりバスで、最後は今治〜松山間のJRできたくしたのであった。

結果的に、新幹線は「B」席という最悪の席しかとれず、バスは「遅延」との闘いで、大変疲れ、結局帰宅後は「うどん」しか食べられないという結果になった。

(2018.08.05)






第28話 7月第4週の東京出張決定!

今年は7月の第2週の1週間と、第4週の1週間に東京都内の研修施設での研修があるのだが、大災害が発生したため、後者の出張は取りやめの可能性もあった。

が、とりあえず、出張はしてこい、という上司のありがたいお言葉もあって、明後日から再び1週間(先週と同じ)研修施設に出かけることになった。

 

で、今回は、研修後の帰宅が前回よりも1日早いわけだが、次のとおりを予定している。

7月21日(土)…千葉ビール園

7月22日(日)・・・秋葉原の「牛かつ」で午後食べた後、私は東京駅近くのホテルで宿泊

7月27日(金)・・・習志野市周辺で夕食

7月28日(土)・・・秋葉原の鉄道カフェ?

 

ということになりそうであるが、詳細は不明。(2018.07.19)






第27話 7月は怒涛のかずまる宅行軍とはならず!?

今年は7月の第2週の1週間と、第4週の1週間に東京都内の研修施設での研修が入ったため、私事旅行を活用して、怒涛の4週連続かずまる宅行軍となるだったのだが、そうはならなんかった。

それはまさかの「大雨」。まず、7月7日(土)にかずまる宅へ出かけ、翌日曜日は東京駅付近に宿泊して、翌朝研修施設へ出かけるという野望は、見事に崩れた。

 

まずは、7日(土)は予定していた航空機が欠航となり、翌日曜日に出かけることになり、結局かずまるには会えず、予定どおり実弟と会った。

さらに、愛媛県内の災害が大きく、果たして、次週に再び研修施設へ出かけることになるのか、自重すべきなのかはまだ未定。ただ、航空券にはキャンセル料が発生する。

さて、8日(日)に東京へ出かけ、秋葉原をうろついた後、14時頃から皇居ラン2週プラスホテル間2キロの計12キロ。

その後、17時半頃から実弟と夕食をとって、その日は東京駅近くのホテルで宿泊。

 

9日(月)朝東京駅から中央線で国分寺市へ移動し、月曜日から金曜日まで研修。ただ、その間も月〜木の4日間は、しっかりと研修後に南にある公園で帰宅後ランをしたわけである。

そして、13日(金)17時過ぎに研修が終了し、そこからかずまる宅へ移動。実 際には、中央快速で三鷹下車し、そのまま中央・総武緩行線で移動すればよいのだが、ちょうど研修で知り合った方と東京まで座って移動できたため、東京から は京葉線で西船橋経由で移動。ちなみに、京葉線に乗って、寝過ごしたら、そのまま17時半ころに出発した場所に戻るところではあった。

で、そのまま一旦かずまる宅へ出かけ、再び外出して、津田沼駅付近で夕食をとったのであった。

 

なお、この日は夜、かずまる専用機のセキュリティソフトをカスペルスキーからソースネクストへ、かずまるノート機をマカフィーリブセーフからカスペルスキーへ変更し、とりあえず一連のセキュリティソフト問題は終了したのであった。

翌14日(土)は、谷津干潟と細長い緑地を、32度の中でも直射日光をできる限り避ける12キロを走った後、浅草へ出かけ、そこから隅田川クルーズをして、有楽町で夕飯をとってきたのであった。

 

さらに翌15日(日)は、昼前にかずまると一度津田沼駅前の店で昼食をとった後、一緒に秋葉原へ出かけ、浜松町で別れたのであった。

というわけで、今週末に再びかずまる宅へ出かけられるかどうかは、まだ不明。(2018.07.18)






第26話 5月の かずまる宅行軍!

かずまるが関東圏にいる間に、できる限り東京近郊へ出かけようと思っているが、 今回は、妻が箱根の岡田美術館とちょうどこの時期に開催されている「国際バラとガーデニングショウ」に出かけようと言い出したため、今回はそのプランに乗 ることにした。

例によって、私は5月18日(金)最終便のジェットスターで行き、月曜日に休暇 をとって帰宅、妻は土曜日仕事、日〜火が休みというわけで、私より1日遅くやってきて、1日遅く帰るという行程。

 

前回、下半期のジェットスターは往復ともに1時間遅れとなったものだが、今回は 往復ともに、10分早着となったのであった。

さらに、5月19日(土)は、3回連続の「雨」という天気予想だったのが、これ また3回連続「走れないこともない」状況。

特に、今回は、明け方少し降っただけで、雨どころか、時折太陽が姿を現すほど。 ちょうど、ウェストポーチを忘れたこともあり、スマホはビニール袋に入れ、左手にくるみ、水分補給は公園又は公共施設で空いているところの水道を借りる か、最悪自販機で小銭を捨てる覚悟。

ただ、やはり暑くなりそうだったので、当初予定した「京成バラ園」方面への行軍 は途中で断念し、南下して習志野市の二重海岸線にある日陰のある緑地帯と、同様に南側は日陰になる谷津干潟を回る17キロを走ってきたのであった。

 

というわけで、午後は秋葉原へ出かけ、いつもの店で遅い昼食、あるいは早い夕食 をとって、秋葉原の鉄道模型店とパソコンパーツを物色したのだが、結果として583系1両はメーカー(KATOとTOMIX)を間違え換装できないという 結果となり(単純に1両増えたことにはなる)、パソコンパーツについては、メモリを見つけることができなかった。

あと、御徒町の例の店もなんとなく寄らずじまいで、そのままかずまる宅に帰り、 深夜再び妻を迎えに京成津田沼へ行ったわけで、一体秋葉原には何をしに行ったのかは解らない。

ただ、もうひとつの目的であった「かずまる宅にある3台のパソコンの Windows10大型更新とかずまる専用機のセキュリティソフト交換」は、過去の失敗を元に、今回は短時間で更新ができたのであった。

 

さて、5月20日(日)は今回最大の目的である「箱根・岡田美術館」行きであ る。

津田沼からは、総武快速線で東京へ行き、そこから新幹線で小田原経由、バスで出 かけるという弾丸行軍なのだが、考えてみれば、「久しぶりに新幹線に乗ったこと」と、私とすれば「小田原からは箱根駅伝5区山登りとほぼ同じルートをバス で移動」したわけで、函嶺洞門、大平台のヘヤピンカーブ、宮ノ下の温泉街、小涌谷の踏切等、これで、次回箱根駅伝の見方が変わるのであろう。

実際、岡田美術館は、5区の定点ポイント「小涌園(今年1月に閉館)」のカーブ の対面にあり、毎年(少々)見ていた場所にあった。というわけで、とりあえず、捕らぬ狸の皮算用をやってみる。

ただ、岡田美術館そのものは、当初予定していような「6時間も居る」ところでは なく、岡田美術館横にある「開花亭」で、1日限定10食のそばを食べた後は、ガラス美術館に移動することになった。

 

この岡田美術館とガラス美術館は、相当距離があることは解っており、帰りの時間 や移動手段、そしてバスの頻度を考えると、無理だと思っていたのだが、実際には15〜30分に1本直通(おもな観光地を巡る)バスが走っており、あっさり と行けたのであった。

ただ、ガラス美術館については、以前の箱根山の噴火では影響を受けたようで、実 際に奥の噴火口では煙が上がっていた。

その後は、若干時間があったため、強羅駅近くの公園で時間をつぶしたりして、復 路は箱根登山鉄道で箱根湯本経由小田原へ、さらにそこから新幹線で品川へ。

そして、夕食の場所へと向かう。

 

実のところ、今回の岡田美術館は「福井江太郎氏」の作品を見に行くこともあり、 夕食の場所も、かつてのテレビドラマの中で、氏の作品が飾られていたことから、行こうということになったわけである。

で、品川から都営浅草線で東銀座へ行ったところ、そのまま地上へ出たら、そこが 歌舞伎座の中だった。

というわけで、いずれは「歌舞伎座」が目的とする旅行がありそうだ。

 

さて、私の最終日5月21日(月)は「国際バラとガーデニングショウ」である。 かずまるは大学のため、かずまるとは朝別れることになった。

当初ドームと聞いていたから「東京ドーム」かと思っていたら、「西武ライオンズ 球場」というわけで、かずまる宅からは2時間かかる。

しかも、月曜日といえば、どうにも事故が多い日でもある。当初は津田沼駅始発の 地下鉄東西線経由、大手町から丸の内線で池袋経由西武鉄道をかが得ていたのが、三鷹付近の事故の関係で地下鉄東西線の乗り入れは中止され、結局超混雑の 「黄色い電車」でお茶の水経由丸の内線へ乗り継いだのであった。

まあ、地下鉄丸ノ内線も途中から座れたし、西武鉄道は始発駅だから問題なく座 れ、会場は開場直後だったため、まあ、ゆっくりと見ることができたわけだ。

ただ、その後は1電車ごとに人混みがどどっと押し寄せる状態で、月曜日でこれ だったら、昨日の日曜日などは相当な混雑だったのであろう。

 

というわけで、私はここから成田空港へ行かなければならないため、12時半頃の 電車で西武球場を後にし、そこから西武鉄道西所沢経由池袋へ、そこから山手線で日暮里まで行く予定だったが、万一のことを考えて1電車早く出たため、余裕 があったこともあり、上野まででかけて、西郷隆盛像を見たりして、そこから京成スカイアクセスで成田空港へ。

この京成スカイアクセスは、沿線が元成田新幹線用地であるところが多いため、非 常に興味があるのだが、眠いこともあり、結局3回連続で終点近くまで寝てしまったのであった。

成田空港では、なぜかこの日は閑散としており、しかも、定刻よりも10分早く出 発したのであった。(2018.05.27)